沖縄からアジアへ!最新の情報をお届けいたします。

沖縄パルコショック!6月27日(木)浦添にサンエーパルコがオープン!そこで起きている事態とは

パルコショック

沖縄パルコショック

G-SHOCKの安売りをしているわけではありません。
6月27日(木)浦添市の海添えにパルコシティーがオープンします。
沖縄県唯一の上場会社で、沖縄一売り上げの多い企業「サンエー」が巨大なモール「サンエー浦添西海岸 PARCO CITY」をオープンさせます。
パルコショック

先週投稿した「ハレクラニショック」でも少し触れましたが、今こちらでは「パルコショック」が起きています。

場所は、那覇空港から約9km、車で約15分。大型豪華客船がつく港から約5km、車で約7分、高速西原ICから約6.5km、渋滞しなければ車で約20分。
浦添西海岸というネーミングの通り海の目の前。2018年3月18日に開通した宜野湾市宇地泊と那覇を結ぶ西海岸関連道路の途中にあります。
↓パルコの前の道から撮影した浦添西海岸の「海岸」です。
パルコショック

少し前から噂が流れていたのですが、一昨日の新聞報道によると、出店するテナント250店舗のうち、3割に当たる約80店舗が採用計画の人材を確保できていないということです。
店舗によっては25人中7人とか30人中11人しか採用できていないところもあり、県外企業は大都市圏から臨時で人を送るしかない状況にあるという。

そして、集まらないなら、なんとしてでも集めようと必死になり、当初予定していた1100円の時給を1500円にあげてなんとか来てもらおうと宣伝合戦が始まっています。
パルコショック
パルコショック
パルコショックインディードで沖縄パルコで検索して出てきた結果です。
沖縄タイムスの取材によると、よほどのことがないかぎり即日採用だそうです。
この時給の高騰に、「オープンだけでしょ」と冷めた目で見ているうちなんちゅーも多いのではないでしょうか?
このパルコショックの噂にはほかにも耳にします。
「26歳以下だと軽自動車がもらえる」
「独身寮は一人一部屋三食昼寝付き」
「入社祝い金が〇〇万円」などなど

2015年にライカムがオープンした時も「異例」の高時給だったことを覚えている人も多いと思います。
新聞記事のタイトルも「開店当初に限り、最低賃金677円の倍近い時給1200円の店も!」
最低賃金はこの4年間で762円に上がりました。
そして、今回のパルコショックではその倍の1500円も出ているということ。
時代は「繰り返す」ですかね~。

店舗概要

所在地 〒901-2123 沖縄県浦添市西洲3丁目
敷地面積 約85,484 m²
延床面積 約224,122 m²
商業施設面積 約78,000 m²
店舗数 250店舗(テナントのみ) 営業時間 10:00 – 22:00
※店舗により異なる
駐車台数 約4,000台
商圏人口 674,159人(10km圏内)

店舗紹介

 沖縄県内最大級の施設面積(商業ゾーン1~3階)に約250店舗が出店、内約80店舗が沖縄県初出店

・「ZARA」や「FURLA」、「MHL」をはじめ、沖縄県初出店の都会的感性を表現したファッションブランドを積極的に導入
・「H&M」や「ABC-MART グランドステージ」等、沖縄エリアの旗艦店となる大型店舗の導入
・「CASA DE JOIA(カサ デ ジョイア)」「あざみ屋」「コーラリア」をはじめ、地元の方にも再発見となり、お土産にも最適な商品を取り揃えた沖縄ゾーン、日本各地の食テーマ等、沖縄らしさや日本らしさを提供するショップが充実
・西海岸を一望できるレストラン「OMS YOSHIMI(オムズ ヨシミ)仮称」「博多天ぷら たかお」「叙々苑」をはじめ、各階にグルメやカフェ&スイーツを配置した充実の展開
・最新設備を導入する「ユナイテッド・シネマ」、本と音楽の複合店舗「MV&BOOKS」、「島村楽器」、「namco」、沖縄トヨタグループの「トヨタショールーム」等、体験やコト消費を提供するショップが充実
・ 「マーキーズ」「ベビードール」「プティマイン」「ラブトキシック」等沖縄県内最大級となるキッズブランドの集積、 ホビー雑貨、フードホール内にファミリーゾーン設置など、ファミリー対応も充実
・サンエーの総合力を活かし、衣食住が揃ったGMSと「無印良品」「東急ハンズ」「エディオン」「マツモトキヨシ」沖縄初出店の「アカチャンホンポ」「リトルマーメイド」等、フランチャイズ、ライセンス店を集約

このあたりの店舗を見ると、昨日の豪華客船寄港の記事でも書きましたが、豪華客船から降りてきた人たちが、バスに乗って向かうのは「パルコ」というファッションセンスあふれる日本らしい大型店舗。
という流れになりそうですね~
さらに、一番上の図のように、大型船が寄港するバースの移動工事が終わったら、「バス」も必要なくなって徒歩で買い物に来る中国人でごった返しそうですね。

ちなみに2022年までにこのエリアにはホテルなどの建築も進むということなので、大きな街がひとつ出来上がるということですね!
パルコショックが現場ではどのようになっているかは、オープン後に取材したいと思います!

関連記事一覧

  1. ハレクラニ沖縄
  2. ビジットおきなわ計画
  3. ゆいレール延長3両化
  4. FC琉球J1昇格
  5. 沖縄とハワイを比較
  6. 大型クルーズ船
PAGE TOP