沖縄からアジアへ!最新の情報をお届けいたします。

約9割の外国人が日本への旅行を検討!アフターコロナの海外旅行について外国人男女への調査結果

訪日外国人が望むこと

英語圏訪日外国人の集客設計・実行・送客を行うTokyo Creative株式会社(所在地:東京渋谷区、代表取締役:小野沢隆、https://www.tokyocreative.jp/ja/、以下Tokyo Creative)は、2020年6月18日から26日にかけて、外国在住の外国人男女を対象とした、「Afterコロナの海外旅行」に関する調査を実施しました。

まだまだ、じゃない?と思う方もいると思いますが、必ず終わる戦争だと信じ、終わった後の世界をどうするかを考える時ではないでしょうか?

約9割の外国人が日本への旅行を検討!

日本人もコロナ後は海外旅行したい!と考える人も多いと思いますが、世界の人たちも同様で「アフターコロナ」は海外旅行をしたいという人がとても多いということです。
それと同時に、日本への関心もかなり高く、日本を訪れたいと思っている外国人は、そのための情報収集にはYouTubeを活用している、ということが判明したということです。

アフターコロナにしたいこと

アフターコロナにしたいこと

アフターコロナにしたいこと

旅行を予定していた人のうち、すでにキャンセルした人は全体の8割。
また、キャンセル時に困ったことは特になかった人が多く「後で使用できるチケットに交換してもらえた」、「返金が認められた」、「ツアー自体がキャンセルされた」などがありました。
一方で、理由がコロナであっても返金は認められなかったケースも見受けらたということです。

行きたい国は日本が1位

アフターコロナにしたいことなんとアンケートに答えた人の約88%が日本を選び第1位でした!
次に、韓国、イギリス、イタリア、フランス、アメリカと並んでおりますが、多くの人は日本に憧れをもっているということがわかります。

安全だと思ったら行く!

アフターコロナにしたいこと 安全だと思った時に行く!
ということは、安全対策を万全に整えなければならないということです。
新型コロナウイルスが無くなることは無いと思います。であれば、その中でも耐えられるワクチンなのか?
ワクチンではない感染予防策なのか?

アフターコロナにしたいこと
そして、多くの日本ファンが期待しているのは
半年から1年のあいだ。
他の国と違って日本は安全というようなことはできるのだろうか?

行きたい場所の半数は田舎

アフターコロナにしたいこと

行きたい場所は、田舎!
沖縄の田舎にのんびりしてもらえる方法を考えるべきでは?

情報収集はyoutube!

アフターコロナにしたいこと

情報収集は「youtube!」
動画で調べて、自分の体験したいことをどうやったら体験できるかをしっかり調べて
目的をもってやってくるということ。
ということは、英語圏の人を呼ぶためには英語でyoutubeを使った情報発信をしなければならない!ということだ。
英語できる人大募集するしかない!

アフターコロナにしたいこと田舎を選んだ理由としては「ゆったりとした旅行を好むから」、「都心に住んでいるので、リラックスできる空気を吸いたいから」、「人がいっぱいいるところが好きではないから」、「1回目は都心をみたので、2回目は地方(田舎)を体験したい」などがあがっています。

一方で、“都心”と回答した理由は、「見るべきものの多くは都心にあるから」、「両方興味はあるが、英語が通じやすいのは都心で旅行しやすいから」、「最初の旅行は、多くのものをみたいから」などがあがりました。

外国人に人気があるのは、沖縄は何を提案できるか、どんな田舎暮らしを提案できるのかを考える必要がある。
日本食を食べに来る外国人に、美味しい地元の料理を体験していただき、田舎の文化を体験していただく。
行きやすい場所を作るために必要なことは何かを考える時!

第二滑走路ができて準備は整っています!

25年前ロス・フィンドレー氏がニセコやってきてNACを立ち上げたときは、カンタス航空は直行便がありませんでした。
その後、たった一人のオージーの努力により、雪質が伝えられ、 1992年には新千歳─ケアンズの定期便が運航され一気にブームが起きた。
私事ではありますが、その頃ちょうどニセコに通っており、シーズン中は毎週「じゃらん」の原稿を書いていた。

「ニセコの雪質は世界一ということを、誰に伝えたらよいか?」
「簡単、カンタスのパーサーとCAだよ!」

そんな会話をしたことを彼が覚えているかどうかわからないが、NACに夏の取材に行ったときに熱く語ったことを覚えている。

客が来るなら、飛行機を飛ばすのが飛行機会社。
でも、その客がどこにどのくらいいるかを調べ上げることをしない。
「人気」だから飛ばす。韓国も、台湾も、中国も人気があるから日本に直行便を出すのです。
「人気」をつくる仕掛けをすれば、その国のナショナルフラッグがやってくるのです。

沖縄にはきれいな海がある!

世界の誇れる海を、海が無い国の人に売りに行こうじゃないですか!
夏でも寒くて泳げない国の人に、青く透き通ったあたたかい海で魚と戯れてもらいましょう~

ということで、私なら飛行機が飛ぶようになったらヨーロッパへ旅立ちます!

関連記事一覧

  1. 分散投資
  2. 沖縄北部テーマパーク

Facebookページ

PAGE TOP